日の本穀粉株式会社

沿革


黒田松五郎、兵庫県で個人創業
日の本食糧工業株式会社設立、大阪鶴見区に本社工場新築
京都支店設立
熊本食糧工業株式会社設立
糧秣庁監督工場となる
政府指定委託加工工場となる
育児用穀粉製造の政府指定加工工場となる
学校給食用指定製パン工場となる
学校給食用製粉工場の指定を受ける、栃木県小山市に栃木穀粉株式会社設立
日の本穀粉株式会社に名称変更、大阪工場を大東市に移転
本社を大東市に移転
東京営業所開設
栃木新工場完成
名古屋営業所開設
栃木低温倉庫完成
栃木第二工場完成
アメリカ(カリフォルニア州)に穀粉工場設立
本社新事務所、倉庫完成
栃木工場増設
名古屋営業所を西区新ビルに移転 、栃木工場拡張 (低温倉庫、製菓講習会場、研究室新設)
タイ大手穀粉メーカーと業務提携
アルファー設備増設
三木穀粉株式会社の経営権を譲渡される
精米設備増設 、ISO9001認証取得
栃木県下野市に物流センター新築 、
中国安徽省に安徽日之本食品有限公司設立 、株式会社舘山に資本参加 、JAS有機農産物加工業者認定
タイでん粉工場完成、 仙波糖化工業株式会社・株式会社舘山と3社業務提携、
栃木工場に特定原材料専用混合工場完成
2006
盛岡 / 星山商店の業務を継承し株式化